周防あずさ 三十路おばさんのオナニーw



待ち望んでいた夏休み。僕は、憧れの叔母の梓さんの家に遊びにいきました。しかし、梓さんが猛暑にやられて倒れてしまったのです。慌てて助け出しましたが、僕の目に服が乱れて艶めかしい姿になっている梓さんが飛び込んできました。思わず興奮してしまった僕は、隠れて自慰をしてしまいました。どんな風に僕の竿をしごいて、どんな表情で舐めてくれるんだろう。妄想は膨らむばかりで、近くに梓さんが来ていることに僕はこれっぽちも気づいていませんでした…。